支払を求める通知が届いた-2

 

○請求元の会社名と請求内容を確認する

 

通知が届いたら、まずは、過去に借金をしたことがある会社からの請求かどうかを確認してください。

場合によっては「○○債権回収会社」とか「○○法律事務所」という名前で通知が来ることもあります。

 

債権回収業者からの通知の場合には、通知のどこかに元の債権者(ご自分が最初に借金をした消費者金融業者など)の会社名が書かれています。

法律事務所からの通知の場合は、弁護士が債権者から依頼を受けて通知を送ってきているので、依頼元の会社名が書かれています。

 

また、この通知には、

・借入年月日

・請求金額

・支払期限

・問い合わせ先

などが書かれています。

 

お手元に借金の支払いを求める通知が届いたら、まずは、通知をよく読んで請求元の会社名や借金の内容を確認し、ご自分に身に覚えのある借金かどうかを思い返してみてください。

 

ただし、この段階で、通知に書かれている問い合わせ先に連絡をするのは得策ではありません。

というのも、問い合わせたときの対応によっては、支払わなくてよかった借金を支払わなければならなくなる、といったことが起こり得るからです。

 

次回以降のコラムでは、会社名のほかに確認すべき内容についてさらにご説明いたします。

前の記事

支払を求める通知が届いた-1

次の記事

支払を求める通知が届いた-3